2014年12月14日日曜日

受けいられるか否か

自分の現状を受け入れられずに苦しむというのはこういうことか。医者に鬱だと宣告されれば少しは楽になるだろうと思っていたら逆だった。一日の中で気持ちがドヨ~ンと沈む時間が突然くる。家にいて何もしていない時は突然だけど、仕事中は一仕事したとき。まぁ、今回の鬱もひと山越えたことで発症したから同じようなもんだろう。

そしていつ良くなるのかも分からないし、悪化するかもしれないし、というのがよく分からないのが一番怖い。新しいことにチャレンジするのが怖い、と思うのも初めてで、今週末は東京で取材予定だったけど担当を外してもらった。忘年会も全てキャンセル。大人数で集まるのは少し怖い。これまで「なんとかなんべ」と思って突っ走ってきたので「怖い」という感情を抱くこと自体に驚いているし、ショックでもある。ショックでもあるってことは現状をまだ受け入れきれていないということなんだろな。

しばらく穏やかに過ごしていれば「こんなボーっとしている場合じゃねー!仕事しなきゃ!」となるみたいだけど、それすらどうなることやら。集中力が続かないので細かいミスが多発しているので、ゆっくり時間をかけてもノーミスでいけるように「トリプルチェック!」と会社のパソコンにメモ書きを貼った。だけど「!」というのすら自分に対するプレッシャーになるのではと不安にすら思ってしまった。


ひとまず今はこんな状況。

2014年12月9日火曜日

鬱になりましてん

仕事にて秋のビッグウェーブが過ぎてから連休も取れたものの、どうにも調子が戻らず、いつも以上にケアレスミスなどが増えているので医者にいってきた。鬱とのこと。鬱にも色々と種類があって、おれは「荷降ろし鬱」というストレス状態から解放(=仕事の多忙期が過ぎる)されてなるタイプとのこと。

「まさか自分がなるとは」っていうやつなんだけど、びっくりした。スーパー銭湯にいってリラックスというよりも、リラックスするための作業をしに行っている感覚が最近はあったりだったし、医者の診断をもらえばスッキリするかと思ったけど「やっちまったなー」という思いが今となっては強かったり。

10日ほど前が底辺で、状況は改善していると感じている。ただし、医者から「ケガ明けのアスリートがいきなりトップギアでプレーする?」という問いに、なるほどなと思った。しばらくどうなることやら。明日は会社で上司と話す。

2014年8月16日土曜日

亡き友へ

昼から出社予定だった今週の月曜日、朝8時過ぎに目が覚めたら高校の同級生からメールが入ってた。学年は違うけど、同い年の友達が亡くなったとの連絡だった。母校は帰国子女や他の高校を辞めた生徒も多く(自分も帰国子女枠で入学)、彼も他の高校を辞めてうちの高校に入学していた。

様々な背景を持つ人がいるため、多様性を物凄く養われた高校時代だったと思う。彼も同い年ということもあり、文化祭の後にみんなで朝まで遊んでいた時も一緒だったし、高校を卒業してからも付き合いは続いていた。


そんな友人の死であったため東京に向かうべきだろと思いつつも、葬儀は親族のみ&お香典もご遠慮されるとのことだったので戸惑った。昨年、高校時代のサッカー部の顧問の先生が亡くなった時も同じく身内のみでの葬儀&お香典もご遠慮とのことで、死因もサッカー部の関係者は聞くことができなかったので今回もそうなのかも・・・と思っていた。

それでも、門前払いになってもいいから会いに行きたかった。だけど、これは自分のワガママであって、遺族がいやな思いをしたら本末転倒だろ。どうしたらいいのかわからずネットで「家族葬 友人」とかで検索してたら意見は二つに分かれてるのね。大切な友人であるならば遺族に連絡を取ってからいくべしか、空気読んで1週間ぐらいしてから連絡すべし、と。どっちが正しいかわかんないよね。だからって大切なことをネットの意見で判断するなんて、どんだけ自分は弱腰なのかと思い、実家に向かおうと判断した。

母校には校則は無く(社会のルールは守りましょう)、生徒会とか文化祭も全部が主体となり「自己責任」の下、やっていた。もちろん非常事態になったら先生がケツを拭いてくれたけど、基本的にはヤル気のある生徒が力を合わせてやるみたいな。あの高校で育たなければネットの声だけで判断していたと思う。かといって遺族が嫌な思いをした時にはどうやって自己責任を取るのか、そんなもんわかんね、と自己肯定することにした。(かといって自分が正しいことをしたかはわからん。正しいかどうかは人それぞれ)


この日は取材が入っており、前日までかなり仕込んでいたものの友人に会いに行く方が大切だったので上司に事情を伝えたら承諾頂けた。他の先輩が代打で行ってもらえることに。3年前に後輩が亡くなった時もそうだったけど、仕事を休ませてもらえる環境で本当に良かった。仕事の調整がつかなくて来れなかった友人もいたが、それが当然なのかな。「友人が亡くなってるのに仕事してんのかよ!」とは昔の自分なら思っていたかも。世の中、どうしようもならないこともあるんだ。

友人の友人がご両親に事情を伝えてくれたらおれが家に行くのは大歓迎だったとのこと。葬儀の準備だけでなく、愛する息子の突然の死だったのに暖かく迎えてくださって何て言葉にしたらいいのかわからなかった。ただただ、自分にはこんくらいしかできないんだから。


お通夜と告別式の前だったこともあったので眠っている友人に会うことができた。いつもだったら機嫌悪そうに起きて寝起きのパンチを一発かましてくるはずなのに、ずっと寝てた。長い闘病生活に打ち勝ったと思ったけど、人生どうなるかわからんものだ。彼の顔を見た瞬間に泣くかと思ったけど、涙は流れなかった。現実を受け入れられてなかったのかな。もしくはわけわかんなくなっていたのか。

夜勤だったため日帰りで大阪に戻ったけど、帰りの新幹線でも全く眠れず。仕事も朝まで眠くなることすらなく終わった。今もよくわからん。ただ夜勤が続いていたので人に会うことが少なかくて助かった。今は一人でいたいのかもわかんないけど、何もする気が起きない。


宇多田ヒカルをずっと聴いてる。暗いというのか、優しいというのか、ゆったりとした曲が多いのね。



彼のご両親には「大阪から来てくれて本当にありがとう」と何度も言ってもらえた。急におしかけてすみません、としか言えなかったけど、喜んでもらえたと思っていいのかな。今となっても実はそっとしておいてほしいのに押しかけて迷惑だったのかと不安に思うこともある。たぶん一生わかんないと思う。でも自分は会いに行けてよかった。仕事はもちろん大事だけど、家族や友人の方がもっと大切だと確信した。冠婚葬祭も結婚式は欠席することが多々あるけど、葬式は絶対に行くべきだと最後に会えたことで思った。

会いたくても会えない人もいるのに、会えるチャンスがあるなら会わないと二度と会えないかもしれないんだから。

2014年8月7日木曜日

あぶねー

電子化といっても同様のサービスがたくさんあるから、初めて使ったのが素晴らしかったとしても他にも更に熱いのがあるのではと探すべきだと再認識。というのも、楽天koboで漫画を買って便利だと思ったけど読み返さない可能性が大いにあるのであれば(=1回しか読まない)、ソク読みとかの方が安くなるもんだと。期間限定クーポンもあるから常にアンテナは張っておいて、その時々で自分に最もオトクな方法を選ぶべきだと。

何だかすごく当たり前なことに今さら気がついて恥ずかしくもあるけど、まぁそんなもんだろう。んで電子書籍のサイトを検索しただけでもたくさん出てきた。出版社や大手書店がやっているサイトもあれば、本とは関係無さそうな企業が儲けチャンスを見込んで始めたっぽいサイトまで。きっとこれらも数年後には少数に絞られるのかなー。

そんなことを考えていると、自分が勤めている会社、業界もどうなることやらと思ったら気分がよろしくなくなってきたので本日はここまで。明日は今週初めてとなる日中の出勤。メールで済ませられない仕事がたまっているので、それを処理せねば。めんどくさいけど処理しないと頭の中にモヤモヤが残った状態で楽しい仕事はできないだろうし。

2014年8月4日月曜日

整理整頓2

きっとこの更新も三日か二日坊主で終わるのだろうけど、とにかく気が向いた時は書く!そして気が向いたので漫画と本を50冊ほどブックオフに売りに行ったら2000円ぐらいだった。こんなもんだ。それにしてもだいぶスッキリした。

あとは体を動かすことをレギュラー化することだ。ていうか目標を定めなた方が実践するだろうね。まぁとりあえず気分が乗っている内にどんどんと部屋を片付けてスッキリしよう。そういえば散髪もして気分が晴れた。

30歳になるのがむしろ楽しみなんだけど、20代の内に色々と経験を貯蓄しまくった方が30代は熱くなるらしい。まずは掃除だ。

2014年8月3日日曜日

整理整頓

会社のデスク周りをキレイにするにあたって鉄板の法則である「データであるなら紙は捨てるかメモ用紙にする」を実践するだけでだいぶスッキリする。あとは古雑誌とか資料系も必要無くなったら捨てるか、必要なとこだけスキャンしとけばいいわけで。

そして家はどうするか。ぬーん。本と雑誌が増えまくっているので定期的に捨てたりブックオフに売りに行っているけど、可能な限りは電子化しちゃおうかと思っている。そうするだけでかなりスペースができちゃうような。思い出の漫画を残したりして2回目は読んでも、3回目が無いのとかもガンガン売っちゃおうかなと。これ以上、家の中で物が増えても家は広くできないし、子どもができた時のことを思うと本の電子化は避けられないのかなー。

ネットの「お気に入りフォルダ」も一気に消しまくった。ハタチ前後の時に友達がやっていた個人サイトやブログは、自分も含めて更新が止まっていてみんなフェイスブックとかに完全移行。時代の流れを思いっきり感じた。しかもお気に入りに登録していなくても、ググればいいわけだし。


移動手段から買い物までカード一枚でやっちゃえるわけだし、思えば自分も最近はコンビニで小銭を使わなくなったような。そのうち飲食店でも支払いを人数割りする時にも一人ずつパスモで済ませられたらいいのにな。もう実践している店ってあるのかな。

紙系はどんどん電子化されてシンプルになっちゃえばいいと思うんだ。製紙メーカーとかは新しい事業を考えなきゃだけど、紙の消費量が減れば森林保護にもつながるのではと書いていて思った。

2014年1月21日火曜日

結婚式とパーティーを終えて


無事に結婚式とパーティーを終えることができた。式は親と兄弟だけで静かに平日昼に神社でやらせてもらった。新郎新婦共に日本人顔なので和装で大正解。しかも平日昼だったのでバタバタすることもなく満喫できた。

お互いの親戚とそれぞれ食事会も設けてもらい、ゆっくりと顔を合わせて挨拶ができた。

そして学生時代の友人のみが110人も集まってくれたパーティーは大盛況だったかな?記念写真と余興で時間はあっという間に過ぎてしまい一人一人にちゃんと挨拶ができなかったけど、同窓会みたいになったようで良かった〜。

みんなとの写真を全く撮っていなかったけど、みんなが送ってくれた写真を見ながら楽しい時間を思い出せて何度泣きそうになったことか。

転校が多かったから再会も多く、改めて友達は本当に大切にしなきゃと実感した。それと再会した時に胸を張ってお互いの近況報告ができるようにしっかりしないといけないね。

会社に甘えて5連休をもらってかなりダラダラ休めたので、最後に新橋でスポーツな飲み会に参加させてもらって終電で大阪に戻ります。

地元横浜の家系ラーメンも食べれたし、実に楽しかった!みんなありがとう。

2014年1月16日木曜日

結婚式前夜



いよいよ明日は結婚式なので東京に戻ってきた。んで明後日は結婚パーティー。新婚旅行に金をかけるので、他の結婚イベントはしなくていいやと思っていたけど、今となっては超楽しみだ!

それにしても準備ってどんだけ早くから始めたつもりでも、最終的にはドタバタになるもんだ。これも良い思い出になるだろうし、何よりも共に楽しい時間を学生時代に過ごしたみんなに会えるのが超楽しみだ!